本文へスキップ

制御盤ボックスの筐体板金・塗装メーカーです


日本各地へ納品しております

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します
前向きで粘り強い社風のもと、自動プログラミング装置6台、ファイバーレーザー切断加工機、
最新型のハイブリットドライブベンダー、溶剤塗装設備、粉体塗装設備を駆使し、制御盤、
動力盤、監視盤、配電盤、環境エネルギー分野向け製品の金属キャビネットを製造
いたしております。
以前より「馬力の旭陽」といわれた板金スピードと、近年、厳しく鍛え上げられた
塗装品質でお客様の受注活動とものづくりを力強くサポートいたします。
制御盤ボックスの板金塗装の旭陽電機を宜しくお願いいたします。

TOPICS 会社概要 会社沿革

TOPICS

 2019年5月 「3D CAD System」を導入しました 
 機器名 台数
  アマダ
3D Solid Sheet Metal CAD System
SheetWorks for Unfold 
1台

会社概要新着情報

 商号 旭陽電機株式会社
 所在地 本社:〒990-3246 山形県山形市錦町9-6
    TEL:(023)642-3618
    FAX:(023)622-5725
上山工場:〒999-3246 山形県上山市中山5621
(連絡先) TEL:(023)665-0303
      FAX:(023)665-0305
南陽工場:〒999-2203 山形県南陽市小岩沢静御前379-1
      TEL:(0238)40-2177
      FAX:(0238)43-2735
東京営業所:〒179-0083 東京都練馬区平和台4-23-22
      TEL:(03)5399-2278
      FAX:(03)5399-2278
 創立 昭和58年1月
 資本金 1000万円
 代表者 代表取締役社長 滝口哲朗
 従業員数 28名(平均年齢37歳)
年商 639百万円(平成30年度)
 事業内容 制御盤板金設計、各種板金機械加工、半自動溶接、粉体塗装、溶剤塗装、筐体組立
 主要製品 盤BOX(制御盤、動力盤、監視盤、分電盤、配電盤)
新エネルギー分野向けBOX

会社沿革

昭和58年
代表取締役 滝口崇康が資本金1000万円で配電盤、制御盤の設計製作メーカーとして設立   
平成25年
上山市中山に板金工場を新築し全面移転
同時期に現南陽工場を購入し塗装部門を設立
「平成24年度補正 ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」に【塗装工程の内製化による制御盤筐体生産の一貫化】という事業計画で応募し採択
平成26年
「平成25年度補正 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業」に【環境・エネルギー分野向け筐体市場への本格進出と筐体リードタイムの45%の短縮】という事業計画で応募し採択
平成27年
滝口崇康が代表取締役会長に就任 滝口哲朗が代表取締役社長に就任
「平成26年度補正 ものづくり・商業・サービス革新補助金」に【最新鋭ベンダー導入による高精度技術で制御盤筐体の溶接レス化の潜在需要の取り込み】という事業計画で応募し採択 

バナースペース

旭陽電機株式会社

〒999-3246
山形県上山市中山5621

TEL 023-665-0303
FAX 023-665-0305



上山工場



南陽工場